Facebookごにょごにょ

●友達リクエストが笑っちゃう。
メルアドを探知して、勝手に「あなたのお友達ではありませんか?」とページTOPに常に紹介されてしまうのだけど、お互い仕事などで微妙な関係にある場合は恐らくどちらも(リクエスト送らないとまずいかな…でも面倒だなぁ…)と様子を窺っている。

このようにお互いが気まずい気持ちを共有している場合はまだいい。両方がリクエストを送らなくても問題が発生しないから。

問題は、その気持ちが共有されずバランスが悪い場合。Facebookは実名主義なので、実質的には友達リクエストが来たらほぼ、断れない。でも、実際には知りあいの知りあいとかで一度も逢っていない人からもリクエストがじゃんじゃんくる。その人と、自分の大切な友達の関係は知る由もない。

ようするに、Facebookをはじめるのであれば、どんな人からの友達リクエストも、すべて受け入れる覚悟で始めないといけないとダメだと思う。
あるいはプロフィールページで「実際に逢った人以外からのリクエストはお断りしています」と最初に書くことだ。最初に。一つでもそういうリクエストが来てからでは遅い。Facebookのなんたるかがさっぱり分かっていない、使い始めの最初の時から、断固とした決意を持ってこの一文を入れる必要がある。

勿論殆どの人はそんなこたーできないので、リクエストすべておっけーいただきますよ!状態で進めざるをえないだろう。内心どう思っていようとだ。
好きな人とだけ繋がり、そうでない人を断ることが一応できたmixiと、なんという違いだろう。面白い筈がない。

と、最初は思った。

だけどしばらくやって気付いた。これは社会と一緒だ。繋がりたい人もそうでない人も一緒のコミュニティにいるけど、その中でうまくやっていくための(つなぐ、つながない)ツールはある。あとはコミュニティスキルだ。いかに情報を遮断し、いかに自分の情報を出すか。この駆け引きで良い頃合いを見つけると、Facebookは楽しめる。

●「イベント」というシステムがとっても笑っちゃう。
「イベント」に招待された人は「欠席する」を選んでもコメント欄が出てくるので、義理で不参加コメントを書いてしまう。
その結果「イベントのページ」には
「すみませんこの日は用事があって」
「行きたかったんですけどどうしても子供の云々」
行けない言い訳謝罪ばかりがずらーっと並ぶことになってしまう。
本当にそうなの。私の見る限りイベントページは何処見ても、不参加コメントの掲示板状態。
テンション下がるったらない(笑)。
さっさと「不参加の場合はコメント書けない」仕様にした方が良いと思う。(私は不参加コメントは書きません)

●「アプリ」が笑っちゃう。
そもそもFacebook上で色々なアプリを見ることが面倒くさくて普通のWEBページで「Facebook アプリ オススメ」とかで探すんだけど、見事に欲しいものがない。この機能、いるの?

●Facebookページが苦笑い。
「いいね!」を押さないと内容が見れないシステムは申し訳ないがクズだと思いますよ。絶対押しません。内容見る前に褒めろって何だソレ!

●「タイムライン」がひどい。
どこまで自分PRしたいんだ。しかも「ライフイベント」とかまたバタ臭くて違和感ありまくりのツールがザッカーさんより直輸入。さらに一度選ぶと元に戻れない極悪仕様。そして何より、

「タイムラインが分かりにくいよ〜」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE

    2017.09.29

    よかった〜
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

    2015.07.23

    タイムマシン

RECENT ENTRIES

LOG