北海道TV、東京タワー他

『ゲームセンターCX』を観た後は、北海道から届いていたTEAM NACS関連のTV番組DVDを鑑賞。オレってつくづくシヤワセモノだー!と思いますよ。まだ全部観れてないけど、特に『おにぎりあたためますか』の「車中イントロクイズ」とか(みんな結構同世代なので親近感)「北海道しかない七夕の歌」とか「札幌しかない子供盆踊りの歌」とかツボだったなぁー。洋ちゃんは呆れるほど物まねが上手い。

やまだひさしと音尾クンが新番組を始めるので、それも楽しみ。FMの「ラジアンリミテッド」が印象的なやまだ氏、実は北海道出身だったのです。『ハナタレナックス』にゲスト出演しており、何と大泉洋の高校先輩であることも判明。へぇー。今や全国タレントの洋ちゃんに対し「ラジオでこつこつと東京を開拓していたオレの、その上を土足で通り過ぎていった」大泉洋、と表現していました。


.
さて洋ちゃんといえばやっと『東京タワー』観れました。良かった!!何より二時間半、全然飽きずに引き込まれたまま観れた。広末と大泉という、いつもなら「顔の演技だけでワザとらしい、見てらんない」はずの二人組が、何とこの番組では全然気にならない。やっぱ使うヒト次第なんかなー。

極楽とんぼの事件があってドラマもお蔵入りか?と言われた時の洋ちゃんの動揺と怒りについては、結構赤裸々にCUE DIARYに書かれていました。再撮→公開決定の時の喜びもね。その痛切な気持ちが、ドラマを見た今なら良く分かる。このドラマをデブ一人のせいでお蔵入りさせるなんて確かに勿体なさすぎるもの。しかし未だにあの事件どういう結論だったか報道されないね。そんなモンで良いのか?

話を戻して。この『東京タワー』はなんと言っても田中裕子。彼女のためのドラマです。彼女以外は全員脇役ですよ。すごい演技を見せます。段違いです。ちょっとした表情や間、動き、すべてが魅力的な「おかん」を創り出している。参りました。見事でした。

昔の筑豊炭坑のセットが円谷プロみたいなのは笑いました。今にも怪獣出てきそー。でもそれは別の話としても、前半は結構笑わせられてね。後半はしっとりと。その構成も好きです。大泉洋出演TVドラマの中では、一番良かったと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE

    2009.05.05

    洋ちゃん結婚
  2. NO IMAGE

    2009.03.13

    NACS@情熱大陸
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE

    2007.10.01

    北海道物産展
  6. NO IMAGE

RECENT ENTRIES

LOG