中古りんご箱で子供部屋の棚をつくる

子供部屋の収納が足りずにどうしようかと思案していたのだけど、DIYできるスキルもなく資金もない中で、りんご箱をただ積むという方法で棚を作った。

ネット上でのりんご箱の相場は新品・中古いずれも@1400〜2000程度。調べた中で1番安かったこのサイト(@約1,000円)で1ダースを購入。
道産ネット ミツハシ
りんご詰め用の木箱
届いたところはこんなかんじ。

IMG_4268

このりんご箱を重ねて、手に当たる部分をやすりがけし、釘の出ている危ない部分を布ガムテでカバー(12箱あって3〜4ヶ所)し、軽く水ぶきして積む。全体が軽いので1番下の箱だけ、1ヶ所を床にビス留めした。(←こういうのは普通の家ではできないよな…)

布などを適宜敷いた後は、たまりにたまったぬいぐるみ類(言っておくけど両親が買ったものは殆どない)やおもちゃをここぞとばかりにぶち込んで完成!

IMG_4247

りんご箱特有のささくれがあるので、さすがに乳幼児がうろうろするような時期には使えないけど、4〜5歳にもなれば問題ない。ささくれはやすり掛け(かなり粗い番手の布やすり)で殆どクリアできるけど、全面にかけるのは12個もあるのでさすがに無理。積んだ上で、手にあたる部分だけやるならさほどの手間ではなかった。

思ったのだけど、りんご箱に関しては新品より中古の方がささくれが少ないんじゃないんだろうか。手持ち部分などよく当たる箇所は結構滑らかになっている。

12個で12,000円。これだけの大きな棚を市販のBOXで買ったとしても組み立てが超大変だと思うし、手間を考えても良い選択だったと思う。りんご箱の風合いもとても良い。オススメ。

【追記】
リビングの本棚にもぴったりはまった。「本棚」ではないただの棚を本棚として使うには、箱をパズルのように嵌めていくのも一つの方法。
(写真上から2段目の向かって右がりんご箱)

IMG_4233

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE

    2017.09.10

    土曜日記
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

RECENT ENTRIES

LOG