ついにやってしまった

何をやってしまったかというと、アレですよ。

「子供だけが写ってる年賀状」


.
マジこれだけはやってはいけないと、子無し時代に固く固く心に決めていたのに。

「子供写真オンリー年賀状」は、受け取る立場からしたら、「おめーの子供と年賀状やりとりしてるんじゃねぇーんだよ。知りあいなのはおめーなんだよ。おめーの近況知らせろっての」と、ちょっと大げさに言えばこんな感じだと思うのですね。

ぶっちゃけ、友人の子供の事なぞ、なぁーんにも興味ない人だって少なからずいると、そこまでいかなくとも「子供よりも本人のこと知らせい!」と思っている人はとても多いワケです。

さて、このような子供オンリー年賀状も、まぁ普通の人達が出すのなら納得いくのです。しかし、我々のような、少なくともデザインを生業とした人間が「子供がニコっでHAPPY NEW(以下略)」みたいな年賀状出したら、ああもうそれは商売変えなきゃいかんなと、そう思っていました。

そんな思いの中で今回こういうことを許したというのは、まぁ単純に「自分内年賀状基準」を満たしていたからで。それは何かってゆうと、

自分が年賀状や暑中見舞いカードを作る際の基準は、できるだけ「もらった人が貼って飾っておきたくなるような」モノを作りたいのですね。だからこそカードを作る意味があると思ってます。まぁあくまで自己満足の範疇なのですが。

手紙的な意味だけなら、億劫な自分は年賀状なんて絶対作りません。年に1〜2回、お世話になった人達に自分の作ったカードを見てもらう、そういう意味の年賀状であり、暑中見舞いなのです。決して「手紙」ではありませんのです。

ちょっと話はずれましたが、今回はそういうような経緯を経て、心の葛藤を経て、ついに「子供オンリー写真年賀状」を作るに至ったと。

もう1つ、「子供オンリー年賀状」も、受け取る方に子供がいると興味が全然違うもんだなと、子供を持って初めて分かりました。自分に子供がいると、他人の子供にも断然興味が湧いてくる。色々知りたくなる。人の子も可愛くなる。

冒頭のような思い込みをしていたオレも、親になって初めて分かったコトがあったのです。子供のいる人に送るのなら、「子供オンリー年賀状」はアリかも知れません。

あとね、昨年度はこの話のせいで相方と意見が割れ、お互い別々の年賀状を作ったのです。もうそれも面倒だなというのが、デカイ。結局オレが2種作るんだし(笑)。

今後どうするかは、悩みドコロです。何故ココに来てこうゆう問題が出るのかというと

●もともと自分たちの写真なんか絶対に手紙で送るタイプではない2人。今まではアイテムなんかの写真を入れたりしていわゆる「カード」として送っていた。
●しかし子供が産まれる。子供の写真を載せて送るのは全然抵抗ない。むしろ見て欲しい。
●そこで子供の写真のみを入れて送る。
●すると「親はどーなっとんじゃ」となってしまう。つか、思ってるのオレだけ。こういう思いを忘れたくない。
●しかし元々写真とか見せるの大ッ嫌いな2人。
●さてどうしよう。

こおゆうコトだったのかな。世に「子供写真オンリー年賀状」がはびこるワケは。
イヤ違う。あくまで上記はウチの事情で、実際は

(元々年賀状なんていつも書くことがなくて困っていました。そこで子供ができましたので渡りに船だったのです。もうネタには困らない訳です。え?何か文句でもあるのですか?)

こんなカンジじゃないか?要するにもともと、多くの人が「おめーの近況書いてた」訳じゃないって事ですね。ああ何だか年賀状とは何ぞや的な面倒話になってきそうなので、ここらへんで。言い訳エントリ終わり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE

    2018.04.23

    休暇が楽しい
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE

    2018.02.15

    雪国論
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

RECENT ENTRIES

LOG