『マトリックス・レボリューションズ』

『マトリックス・レボリューションズ』を観る。ツマんない。「せめて『キルビル』にして」と言うトコロを無理やり連れてった相方も不満タラタラ。しかもその前日にはクルマの移動映画館でオレの借りてきた『ナインズ・ゲート』を観た後だったから怒り一層、でなだめるのが大変ですよダンナ。ってのは話半分で。

以下ネタバレ感想

 

 


.
まぁ事前から予想はしてた。オレの好きな「マトリックス世界(仮想現実)」ではなくてザイオンの攻防が主になるんだし。オモロくしようがないよな(オレにとって)。

自分が『マトリックス』に求めてるのはオタク赤血球(血の中にザクの顔とかリンミンメイとかアップルシードのうさぎとかが流れてるビジュアルを想像せよ)が反応するような、つまりだ、(オタク的)スタイリッシュなコスチューム・デザイン、リアルからバーチャルではなくバーチャ(笑)から実写映像にしたかのよなヘナチョコカンフー、アニメのようなストップモーション、「実は夢の中だった」的スタンダードSFシチュエーション、その他なんでも、デブオタク兄弟のアタマの中がモレ出てるような、オタク文化に対するパッション(情熱)!つかリスペクト(尊敬の念)!!リスペクトの余り新しい撮影方法開発しちゃいました!!みたいな!!そゆトコなんだよ。

基本的に映画嫌いなオレは、映画を観る時は殆ど「ストーリー全体」を見て好き嫌いが別れる(この部分だけ良かったからOK、という見方をしない)のだけど、この『マトリックス』シリーズだけは違う見方をしていたってコト、だったのだ。

平たく言えばストーリーなんてどうでも良かったのだな。士郎正宗のマンガみたいに何だかゴマかして分かったような分からんような、でもオレ好きなんだよねーって言うコトがカッコ良く見えるような、そんなゴマかし方で良かったのに。あーあー。確かにザイオンのメカ描写は観といてソンはないけど、ドアの向こうに広がる「マトリックス世界」のステキさとは比ぶべくもないヨ。

ラス近く2人を乗せた飛行船が機械都市に突っ込む時も「おお!!コレはマクロスか『トップをねらえ』か!」と期待したのに。何だかあっけなくスルーしちゃった。あそこは是非板野サーカス実写版をやって欲しかった。デブ兄弟ならやるだろうに?何故やらん!!

さらに『リローレロ』で異彩を放ってた双子やフランス人やキーメイカー、おっぱい星人なんかに替わるような、存在感のある新キャラも皆無だった。はうぅ。

中途半端に盛り上げようとしたミフネやら小僧ッコやらのベタなエピソードは普段のハリウッド大作ならまぁ我慢するトコなんだろうけど、この『レボリューション』ではちょっと怖気立つくらいにヤだった。あ、おっぱい星人(フランス人のカミさん)は今回はホントにおっぱいを見せるだけの役なんだけどそのおっぱい強調コスチュームは笑えるので観る価値はあった。

さてこんな悪口ばかりではアレなので少しは良いトコロを…と思ったけど。もう忘れちゃったので省略。以上でした。DVDは買いません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

RECENT ENTRIES

LOG