『トランスフォーマー』★★★★☆

映画館にてマイケル・ベイ『TRANSFORMERS』を観ました。原作知識は殆ど無し。TVアニメはCG時代とノンCG時代それぞれ何回か「観たことがある」程度です。

サイコーに楽しめました。八割方は笑っていた気がします。素晴らしいエンターテインメント作品。ギャグがツボに入りまくりです。

子供向けアニメをそのままリアル実写化するという、まぁ子供にとっては夢のようなことが、実際に手抜き無しで可能になる時代が来ました。夢ですよホント。でシュールなギャグも入り交じってある意味「悪夢」のようになってます。バケツ入りポップコーンをばりぼり齧りLサイズコークで流し込みながら手を叩いて大爆笑しつつ観るのがサイコウだと思います。

以下ちょっとネタバレあるかも


.
●TVアニメを観たことがあるので、人がロボットに乗る話ではなく、ロボットが人のように話すお話だということは知ってて、その子供向け設定をどのように大衆向けにアレンジするのかがちょっと気になっていました。

で、どうだったかと言えば…

そのま〜んまでした。細部の描写のリアリティを徹底的に上げていく(たとえば変身前の車の細部だったり)ことで、その子供向け設定を、やりむり一般鑑賞に堪えうるレベルまで持ってきています(ネットで見る感想では必ずしもそう思えない人が多いようですが)。まぁ単純に、力技ですね。すげぇです。

●全体のテンポがすっごく良いです。最後まで中だるみの無いまま進みますよ。

●庭でロボット達が隠れるやりとりで「それじゃ駐車場だよ!」のツッコミが良かったなぁ。

●電話をかける時のクレジットカードのギャグも大好き。

●変身シーンはもう少しゆっくり見たいよねぇ。でもスピンしながら変形が始まるトコロ(特にバンブルビーが最初に主人公達を守るシーン)は鳥肌モノでした。コレはDVDでゆっくり見るしかないか。

●関係ないけど宣伝メインビジュアルの目のヤツは『ファイブスター物語』のナイトオブゴールド目覚めシーンにクリソツだし、メガトロンの頭部は『アップルシード』のブリアレオスっぽいとずっと気になってました。そう思わない?

●変形の前の効果音もカッコいい。MACの操作音で欲しいなぁ。

すぐに「もう一回観たい!!」と思わせる(オレ的には)近年稀に見る傑作。で、こういう時はネットでの評判も気になるもの。特に映画館から帰る時思ったのは「(いつも趣味の合う)破壊屋さんはどう書いてるだろう。絶対高評価だと思うぜ!!」だった。

而して見てみれば

トランスフォーマー ★★★★★(うわっ、今年の初の洋画5つ星だよ!ディセプティコンズは侵略じゃなくて落札すれば良かったのにな。)

でしたよ。こおゆうのってホント嬉しいよね(落札というのは劇中のeBayギャグの事なんだけど、オプティマス・プライムが渋い声で『イーベイ』って答えるあのシーンも最高だったなぁ)。

破壊屋さんのサイト名が『ダイ・ハード』から来ているということを読んだときも、めちゃくちゃ嬉しかった。shiroの考える史上最高エンターテインメント映画『ダイ・ハード』の解説は、ぜひ破壊屋さんのコチラをお読みください。

DVD出るのがすっげぇ楽しみです。トランスフォーマー。続編制作ももう決定済みだそうですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

RECENT ENTRIES

LOG