『バトル・オブ・セクシーズ』感想

『バトル・オブ・セクシーズ』をiTunesレンタル字幕で。
.
【あらすじ】
1973年、男女格差が激しかった時代のアメリカ、テニス協会。
優勝賞金の男女格差に不満を持つ、女子テニスの世界チャンピオン、ビリー・ジーン・キングに対し、ギャンブルが原因で最愛の妻に愛想を尽かされている元男子世界チャンピオンのボビー・リッグスが、ショーマッチをけしかける。果たして勝つのは女か、やっぱり男か。世界で9000万人が観戦し、女子テニス発展のきっかけとも言われた実際のエピソードを映画化。
ビリー・ジーンにエマ・ストーン、相手役のボビーにスティーブ・カレル、監督に『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトンとバレリー・ファリス。

(以下少しネタバレします)

予告編だと「男性至上主義者とフェミニストテニスプレイヤーの対決」的な印象だったけど、実際はかなり違っている。主役のビリー・ジーンは既婚だが、ツアーの途中で出会った美容師の女性と恋に落ち、しかもそのことを知った夫は苦しみながらも表向きは容認する。ビリー・ジーンはその三角関係に悩みつつ試合を続ける。ビリーに挑戦状をたきつける元チャンピオンのボビーは、ギャンブル中毒ということ以外は子供の面倒見も良い愛妻家で最初から好印象だが、妻に離婚を言い渡される。

メインテーマはこの2人と周囲の「性的役割を超えたパートナーや家族の在り方」だろう。劇中ハッキリした結論はあまり描かれず、勝負の結果が最も重要な訳でもない。観終わった後も色々と考えさせられた。

ビリー・ジーンと恋人が出会うきっかけになった散髪シーン。散髪だけなのに、すごくエロい。ここから始まる予感にずっきんどっきん。このシーンは映画館で観たかった…。エマ・ストーン、スティーブ・カレル、彼らの配偶者や恋人役のすべてが良い役者。ピエロ役と家庭のことを両立させようとする「男性至上主義者」ボビー・リッグスには何度も泣かされる。試合が終わった時のあの表情!そしてエマはやっぱり素晴らしいのだった。

メインテーマではないけど、それでも最後の試合前のトレーニングから始まる一連のお約束なアレは相当アガるし楽しい。あと「恋」とパートナー(もしくは家族)問題にも考えさせられる。
少し残念なのが、自分はテニスの試合を見慣れていないので、見慣れていないが故に、スタントがやっている試合さえ「(俳優のにわか仕立ての試合は)ちょっと下手じゃない?どうなの…?」とか思ってしまい、雑音が入ったこと。

宇多丸さんの解説によれば、ビリーと恋人の関係はこの後とんでもないことになるらしくて…そのお話もまた悲しい。でも映画を観ている間は、忘れていよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

日本語が含まれない投稿、リンクが2つ以上入った投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECENT ENTRIES

LOG