『マンチェスター・バイ・ザ・シー』感想

シネコンで。2D字幕。

途中相当に辛いシーンがあって、観ながら「ああもう俺だめだ…」と思っていた位なのに、一晩経って思い返すと、何だかすごく愛おしい気持ちになっている、不思議な作品。(勿論グロとか怖いとかそういうんじゃないです。精神的に)

この不思議な後味がなければ、きっとインスタにもあげなかったと思う。ケーシー・アフレックのイケメンdeダメ男ぶりがすこぶる良い。と思ったらアカデミー主演賞だったか。え、脚本賞も?それはちょっと良く分からない。映像も音響も良かった。音楽も背景音も。

まるで映画を観ていないようにも思えて、やっぱり映画っぽくて、でもやっぱりちょっと違ってて。全編静かだけど時にメンタルには相当キます。万人にはお奨めしない。準主役の高校生が二股掛けまくりでヤりまくりなんだけど何でモテてるのかが分からない。あとへっぽこバンドのシーンとか、元妻とのやり取りとか「気まずい」シーンも満載だ!

町山智浩さんの「たまむすび」での解説によれば『容疑者、ホアキン・フェニックス』のトラブルで信用を完全に堕としキャリア的に死んでいたケイシーを、兄のベン・アフレックの親友だったマット・デイモンが元々決まっていた主役を譲ったのだそうです。チャラチャラ調子にのっていた主人公がどん底に落ちることろも現実のケイシーとシンクロしていて。奧さん役のミシェル・ウィリアムズは『ダークナイト』の後死んでしまったヒース・レジャーの奧さんだったり。まぁ皆さん色々ある。

ケーシー演じる主人公のリーが、何故これだけ心を閉ざすようになったのか。その理由が分かる瞬間がこの映画の白眉。画はなんてことないのに凄まじく衝撃的。帰ってすぐに寝ている子供を抱きしめた。

そろそろ上映終わっちゃうかも?気になったら是非お早めに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE

    2017.10.04

    『ドリーム』
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

RECENT ENTRIES

LOG