「子供にTVを見せない」は何故挫折したか

私は宮崎駿的に「現実体験のまだ乏しい2〜3歳くらいまでは、できるだけTVを見せない」派だったのですが、初手から挫折してしまいました。その原因と考えられる対策を少しでも後輩達に伝えておきたいと思います。


.
(1)「TVがないと子育てが大変」の実際を、甘く見ていた。「見せると楽」程度ではなく、TVを使わないとどうしていいか分からないくらい大変。具体的には泣きやまない、動き回って危ない、他の作業がまったくできない。
【対策】子供がどんなに泣いても気にならない鉄のオバハン魂を持つ。もしくはTVなしで子供をあやす別の工夫がどこか我々のあずかり知らぬ所にあるのかも。イヤ多分違う。解決法はきっと、「泣こうがわめこうが放っておく」なのだ。あと家事のやりくりか。

(2)TVを見ている姿が、異様にカワイイ。
【対策】子供に色々見せたり連れていきたがる親の気持ちが本当に分かった。「ソレを見ている子供の顔を見る」のが最高にヨロコビなのだ。

DSC00475.jpg(3)結局(1)も(2)も自分のためかも。泣いてるのを聞いてるのが辛いから何とかあやそうとするし、子供が喜んでるのを見るのが楽しいから甘やかす?自分に甘いのか子供に甘いのかの判断が言い訳にもなってしまったりして、トテモ難しい。
【対策】一人目じゃ、無理じゃね?あるいは自分の親なんかの意見を尊重できる人は楽かも。ウチらは絶対やりません。

(4)まだ言葉もろくに知らない時に、TVを通じて踊りや歌を覚えちゃう姿に感動する
【対策】つかTVなくても覚え始めてるんだろうけど(笑)。親なら誰もが最初感動すると思われるのが『いないいないばぁ』と一緒になってバンザイし、腰をひこひこ上下させている姿だ。あなた、このひこひこの魅力に抵抗できますかっての!
(というようなことは、子供がいない時に他人からいくら言われても実感できないのである。自分自身で実証済み)

えっと、今後このカテゴリでは、このような親ばか日記をつけていこうかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE

    2018.04.23

    休暇が楽しい
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

RECENT ENTRIES

LOG