2015年に観た映画ベスト

2014年から観た映画の記録をつけはじめました。2015年末には映画仲間とその年のベストを語る呑み会(それぞれが一覧と感想を配り、語る)を開催したので、ブログでも掲載しようと思います。

その後に観た映画2本(『海街diary』『キングスマン』)がどちらも素晴らしかったので、呑み会のときとは少し変わっています。2015年に劇場で観た映画は15本、それ以外で44本の計59本から選びました。公開年などは関係なく、「2015年に観た映画」です(日付は観た日)。また、ベスト10などは付けにくいので同率も多く、数も適当、とにかく「呑み会で話したかった映画」リストとなっています。地デジはありませんがTVはあるので、映画館以外はすべて家のTV(AppleTV)です。以前に感想を書いている場合はリンクを張りました。当ブログの映画・TV感想の一覧はこちらです。

 
1
『シェフ 三ツ星フードトラック』
iTunesレンタル字幕 6.28

    主人公がとにかく好き。最初からもう好き。息子もイイ。トラックを掃除している時子供が初めて(親の横暴に対し)反抗して、それに対して父親があまり間を置かずに謝るのも、息子がそれをすんなり受け入れるところ、気持ち良くて好き。最高ハッピードラマ。このサンドイッチ作るイベントやりたい。EDまですべていい。

2
『ベイマックス』
映画館2D吹替 2.1 感想

    初見時の興奮度はナンバーワンかも。日本アニメが培ってきた良さまですべて自分モノとして完全に消化しきってる。こりゃもう叶わないよ。と思った。

2
『ヒックとドラゴン2』
BD吹替 7.11 感想

    途中であまりに悲しい出来事が起こってしまうのだけど、それ以外は本当に好き。「1」は生涯ベスト5に入るようなアニメだったけど、まさか「2」でココまで出来ちゃうとは…劇場スルーとかホント日本バカげている。これこそ映画館で観たい映画だったのに。

3
『百円の恋』
映画館 2.3 感想

    リングに上がるまでの長い1カットはマジ名シーン。コンビニや公園でのシャドーは鳥肌モノ。脇役とか皆、自分は仲良くなること決してないタイプの人たちだけど、見終わったら皆愛しく感じてしまう。こゆところは『サウダージ』を思い出す。『0.5ミリ』の予告も素晴らしかったのだけど、こっちは全体のバラバラさ加減や主人公のモチベーションなど色々気になるところが多かった。

3
『海街diary』
iTunesレンタル 12.28

    原作の大・大ファンだけに恐らくかなりの脳内補完もあったと思うのだけど…それを差し引いても良かった。すべての女優の生き生きした演技がたまらない。すずは特にすげえ。三姉妹は皆これまで決して「演技派」とは見られていなかった面々だし全然期待してなかったけど、マジいいよ。原作からの省略の仕方も見事。画も演出も素晴らしい(すずが転校してクラスの最初の会話だけであまりにリアルでキュンキュンした)。ずっと繰り返し観ていたいくらい。

4
『マッドマックス・怒りのデス・ロード』
映画館2D字幕 6.29

    主役の2人とトラックがとにかくいいな。脱走出産オンナたちのエッチなカンジも笑える。ナウシカに出てくるっぽいバイクのおばあちゃん達も好き。

4
『スター・ウォーズ:フォースの覚醒』
映画館2D字幕 12.19

    EP4〜6を観直してイマイチノリ切れなかったのだけど、冒頭から大盛り上がりで、このEP7のおかげで4〜6の記憶が一気に塗り替えられる位に良かった。最後の作戦の所は少しだけ興ざめする設定があったけど、それ以外は文句なし。あのノリ切れなかった4〜6の設定があちこちで出てくる度に涙する現金な俺。EDはJ.J.コールしたい位だった。主人公レイは宮崎アニメのヒロインのようで、誰もが好きになると思う。

4
『トゥモローランド』
映画館2D字幕 6.17

    最後の「拍手」を除けばすごく好き。前半1/3だけなら文句なし。アテナがすっごくカワイイ。主人公であるはずのケイシーが最後まで何もしないとか、脚本的にはアレなところもあるけど、世界観がとにかく「好き!」なんだよ!

4
『WOODJOB!神去なぁなぁ日常』
iTunesレンタル 7.26 感想

    痛快!主演の3人がどれもいい!

5
『ラスト・スタンド』
hulu 5.29

    シュワちゃんサイコー!!

5
『バケモノの子』
映画館2D 7.14 感想

    ベイマックス観てもうこれはジャパンアニメは太刀打ちできねえな…と思っていたところのコレ。正統法じゃない?けれど、まだまだ日本アニメ捨てたもんじゃないなと思わせる。役所広司のすごさも見せつけられた。

5
『インサイド・ヘッド』
映画館2D吹替 8.5

    すごく泣いた。人間の感情と葛藤が見事にキャラクター化されててもうホント上手過ぎ!と思った。ただ、吹替の竹内結子(主役・ライリー)の声がなんか気になってなぁ。

5
『ツレがウツになりまして』
iTunesレンタル 10.31

    原作はファンだったけど、映画化は「どーせはやりのアレ的なアレでこうなんでしょ?」とナーメテーターのでスルー。いざ観てみたら…まぁハードルも下がってたと思うけど、いい映画だったなぁ。堺雅人&宮崎あおいというキャスティングで期待しちゃう分は返してくれる映画だと思う。

6
『猿の惑星・ライジング』
iTunesレンタル 3.23

    猿の惑星っぽくない、SFっぽいとこが良かった。「ジェネシス」はいかにも「猿の惑星」で、まぁいいんだけどそんなに好きにはなれない…

番外
『インターステラー』
BD 1月〜夏まで 感想1 感想2

    昨年末に映画館で観てから今年BD買って何度も観直したので番外として。何度観ても宇宙に出る説得力はイマイチで、あすこで娘と離れるバカさ加減には呆れてしまうのだけど、宇宙に出てからはもう言うことなし。最高すぎる。特に好きなのは水の惑星。あとマットが宇宙船ぶっ壊した直後にぐるぐる回りながら無理矢理ドッキングするとこ。最高燃える。

番外
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
BD 2月〜夏まで 感想

    娘達と観ると異常に盛り上がる。今年は家で4回見た。サウンドトラックをかければ皆踊り出す。最後の「Ain’t No Mountain High Enough」が流れるところは問答無用で毎回泣く。2が待ち遠しい

番外
『サウンド・オブ・ミュージックLIVE!』
hulu 4.29

    有名な映画の方ではなく、数年前アメリカでTV生放送された舞台の方。生れて初めてミュージカルが好きになった。子供たちの演技・歌マジすごい。これで生放送って気が遠くなるよ。この後映画も観てどちらにも家族揃ってハマる。「ドレミの歌」とか「そうだ、京都行こう」の曲がここからだって知ってた?

==========================

10年ほど前までは「映画は嫌い。あまり観ないので見定める目がなく、ツマらない映画ばかり観てしまい、どんどん観たくなくなる」と公言し、恐らく年に数本も観ていないような人間がココまでになったのは、ひとえにTBS「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」内「ムービーウォッチメン(旧シネマハスラー)」のおかげです。宇多丸さんと決して趣味が合う訳ではありませんが、このおかげで映画で呑む仲間もできた。「べつに映画通でなくたって気にせず面白いツマラナイを語っていいんだ!」というカルチャーを、この番組が作ってくれたし、確実に面白い映画数多く知ることができた。多大なる感謝を!

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

RECENT ENTRIES

LOG