羽海野『3月の…』を読まねば

さる12月1日付のポッドキャスト版『島本和彦のマンガチックにいこう!』を聴いた羽海野チカさんはきっと涙したんじゃないだろーかね。彼女の尊敬する島本氏が、羽海野さんの『ヤングアニマル』での新連載『3月のライオン』をベタ褒めしていましたヨ。

(『3月のライオン』は)毎回毎っ回ねー、私的にはねー、100点を付けてもいいモノをねー。凄いと思ったね。
(中略)

1作目はさーやっぱり楽なのは、楽って言ったらアレだけど、だいたい学園モノ描くの。学園ものって描きやすいし、自分の、生の若い頃の気持ちとか出すし
(中略)

(囲碁とか将棋とかテニスとかをテーマにすると)その世界観をまず確立させるのと、その一番低レベルの所からトップまでを把握して、どういう風にその人(主人公)が成長したり何だリするってゆうのを、分けていかなきゃいけないの。
だから、作品を描きながら勉強しようなんて思ったら、大ゴケしますよ。

ポッドキャスト版『島本和彦のマンガチックにいこう!』12/1より。()内shiro

なんでも『3月のライオン』の編集担当は島本氏の担当になったこともあって、「私の時には実力を発揮していなかったんだけど、羽海野さんの時は…」だって(笑)。

あーー早くコミックス出ないかなぁ。

【私信】vickeyさん、もし見ていることがありましたら、以前webにアップされていた「バーミックスで作る簡単美味しいスコーン」のレシピを教えていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE
  1. shiro 2007.12.14

    お久しぶりです!ありがとうございます!
    グラインダーというのかどうか忘れたけど、蓋付きの容器はありましたね。
    さっそく作りますですよ。

  2. vickey 2007.12.14

    薄力粉200g ベーキングパウダー大さじ1
    グラニュー糖大さじ1/2 塩一つまみ
    無塩バター100g、牛乳カップ1/2 打ち粉
    バターはうんと冷やしておくざんす。最初に粉類をがーっと混ぜて、次にバターを。やりすぎるとバター溶けるのでちうい。最後に牛乳入れてあくまでもサッと(10秒くらいかなあ〜?)まぜたら
    打ち粉を敷いたまな板にでも取り出して8〜12個ほど(抜き型の大きさによるけど)に抜き出して180〜200度で膨らむまで焼く。
    グラインダーっていって蓋つきの容器があってそれで混ぜるんだけどタッパーのもそゆのあるのかな?

HTMLタグはご利用いただけません。

日本語が含まれない投稿、リンクが2つ以上入った投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECENT ENTRIES

LOG